Beauty

気軽な施術

手軽にできるようになった美容整形

美容系の医療機関でできる美容整形手術は、メスを使用しないでできる「プチ整形手術」が主流となってきています。手術費用もリーズナブルで腫れや痛みや副作用などもなく、日帰りでできるため、以前より気軽に美容整形手術ができる時代になっています。 全体的に敷居が低くなっている美容整形ですが、特にアンチエイジング系のたるみ整形手術の進化には目を見張るものがあります。昔は皮膚を切開するリフトアップが主流でしたが、今は糸を針だけを使ってできるたるみ整形や、レーザーや光を照射するだけでできるたるみ整形があります。コラーゲンを生み出す働きがある糸を頬に埋める「フェザーリフト」は新しいリフトアップ手術として普及してきています。

たるみ取り手術の注意点

医療機関で美容整形をすれば、加齢と共に目立ってくる頬のたるみや目元のたるみなどを切除することができます。たるみ整形手術の「フェザーリフト手術」は切らないので気軽にできますが、わずかな修正しかできないという欠点があります。皮膚を切除するリフトアップ手術のように大きな変化を見込むのは不可能です。 また、「ヒアルロン酸注射」による目もとのたるみ取りやシワ取りなどは、1年〜2年しか効果が続かないので、持続させたい場合は効果が切れる前に再注射する必要があります。「サーマクールアイCPT」を使ってのたるみ修正は速効性と持続性があります。しかし、一回あたり20万円〜25万円前後と費用が高いのがネックになります。