Beauty

誰でも受けられる

手術をするときの注意事項

美容外科で手術を受ける際には、注意すべき点が沢山あります。手術をする病院を選ぶ基準は、手術料金の安さや知名度などではなく、医師の技量や信頼度から選ぶことが大切です。手術をするということは、体に負担がかかることになります。どんな美容整形でも絶対に安全という確証はないので、その辺はよく理解してから手術に臨むことが重要です。 気軽にできるプチ整形でも、なるべく日程にゆとりをもって手術を受けたほうがいいです。手術前後の一週間くらいは仕事や学校を休んだほうが無難です。手術日当日はすぐに自宅に帰宅してゆっくり休むようにします。全身麻酔の手術をする場合はダウンタイムが長くなるので、しっかり休暇を取ってから臨むことが大切です。

目の下のたるみ手術いろいろ

目の下のたるみ手術には、サマークールアイや脱脂法、ヒアルロン酸注射などがあります。サーマクールアイは切らないで出来る目の下のたるみ手術です。目の下に高周波を照射することでコラーゲンが産生されてたるみが引きしまります。 脱脂法はメスを使って行うたるみ手術です。脂肪が原因のたるみの場合有効な手術です。傷あとが目立たないように下まぶたの中から切開します。切開といっても数ミリの穴を開けるだけなので、縫合も抜糸も不要です。ヒアルロン酸は目の下だけではなく、顔全体のたるみ手術に使用されているお馴染みの成分です。たるみが原因でおこる法令線やしわなどにヒアルロン酸を入れることで、たるみの境目を目立たなくできます。